どこでも同じじゃありません!テープ起こし

会議やインタビューなどの音声記録を、文字に書き起こす作業が必要な場合がありますね。会議の内容を議事録という形で紙で配ったりメール配信したりする場合や、ある人の証言を法廷などに提出する場合など、様々なシチュエーションが考えられます。そういった音声記録を文字に書き起こす作業を「テープ起こし」といいます。

テープ起こしと聞くと、誰でもできる内職の代表のようなイメージを持っている方がいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。言い間違いを直して文字に書いたり、回りくどい言い方を明朗な日本語に直して書いたりといった工夫が必要な仕事です。そのためには、その分野の専門知識を調べる努力も必要です。よって、テープ起こしを外注する場合は質の良い業者に依頼しなくてはなりません。

テープ起こしでおすすめの業者といえばどこでしょうか。テープ起こしはテープリライトを見ると良いと思います。テープリライトなら、法律関係、医療関係、一般的な会社、個人のお客様、どんな方の依頼も受けてくれます。外国語の音声を翻訳・テープ起こししてもらうことも可能です。また、録音から依頼することもできます。テープ起こしの料金は、内容や長さで変わってきますので、まずは無料見積もりしてもらいませんか?

通信講座で資格勉強をする

何か資格を取ろうと思った時に気になることが勉強についてです。社会人なら勉強時間の確保を考えないといけなくなりますが、仕事が忙しければ当然時間は限られてきます。限られた時間で決められた試験日までに合格できる知識を身に着けないといけないのは想像以上に大変なことです。資格の勉強をするなら可能な限り効率性を求めて勉強をするように心掛けていかないといけません。

そんなときに便利なのが通信講座です。試験に合格できるための教材が用意されていて、他の参考書などがなくても合格できるレベルになれるようになっています。通学して勉強するのとは違うので場所を選びませんし、限られた時間でも勉強しやすくなります。闇雲に勉強することの大変さは誰でも知っていると思いますが、試験に的を絞った学習ができる通信講座なら途中で挫折する可能性も少なくなります。

民間資格の中には就職に有利になったり、仕事で役に立つにも関わらず比較的試験が簡単なものもあります。そういったものを中心に通信講座で勉強して自分のスキルを上げていけば、仕事だけでなく様々な場所で活躍できるようになります。通信講座を利用して様々な資格取得に活用してみるといいでしょう。